現状復旧

来週初めから、荒崎の保護区の工事が始まるのでしょう。
重機の準備が行われたようです。

ツルが田んぼの畔や道路ののり面を壊したところを直して、農家さんに田んぼを返還されます。
「つるはし」で壊された畔は、ぐずぐず。
ツルのくちばしは強力!

今年は田んぼに植えられたレンゲの育ちも早い
畔の、大根花?も満開

ツルの残りもいつもよりも速いペースで少なくなって
人の営みで、容易にツルのスケジュールも変わっていきます。

足元がぶれるコチドリ
季節と農家さんの稲苗づくりのペースが年々変わってきてる。
水管理のタイミングと植え付けた後の伸び具合
カモ類は、植え付け直後の活着前タイミングで田んぼに入るのを嫌がられて、
対策も農家さんごとに試行錯誤して行われている。
今年は、シギチが下りられるような、見つけられるようなタイミングになるかなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

シーズンも終盤

次の記事

復旧工事