シーズンも終盤

今朝、8時半過ぎに荒崎についた時にはのんびりムードが蔓延していたのだけれど、9時半ごろからあちこちで、くっ…くっ…となにやらツル同士の鳴き声が聞こえてきだしていた。
9:37ナベヅル2羽が飛び出して、荒崎上空を一所懸命に旋回。
後続もないことから、あまり条件がよくないかも?と見守っていたけれど、ゆっくり高度上昇させて、雨掛山方面へ。そこからまた、徐々に高度を上げて9:45雨掛山越えた。

しばらく後続はなく、2羽だけ?と思ってたら、10時のチャイムが鳴ってからツルが飛び出してきた。
(あのチャイム、ツルに時報の役割してるのだろうか?)

今度は、うわーと行って荒崎で旋回して、蕨島で旋回頑張って野口港でうろうろ、いけるツルは、そこから見えなくなって、割と多めの羽数ばらばらばらと荒崎に戻ってくる。
10:25ごろまでに飛んでるツルがいったん収まった。
もう終わりかな?と思ったら、10:30過ぎに7羽飛んで10:41雨掛山を越えて終了。
私の確認は、
今日は、9:37~10:41
マナヅル 4羽
ナベヅル 169羽

残りは、2,000もいるかなあ?
でもこれから散らばって越冬していたのが、遠方から北帰行のために集まる時期でもあると思うので、毎日、ある程度の数が出入りあると思います。
この時期は、今まで見てなかった足環がたまに見られるのが面白い時期。
四国のがこっちに来ないかな?とちょっとだけ期待しています。

ナベヅルかわいい…
ゆっくりぼおーっとしながら、ナベヅルを見るのが至福の時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

旅の無事を祈ります

次の記事

現状復旧