残り羽数が気になります

今朝の様子。
道路に上がって小麦を食べているのもいるけど、半分くらいのツルはそこかしこに集まって羽繕い。
このまとまりの集団は、どういう関係性の群れなんだろうといつも思う。

8:45ナベヅル6羽が飛び出し、堂山方向から野口港方面へ。
そのあと、パラパラパラと後を追うようにツルが飛び出し始めた。
それから10:30ごろまで、割とずっととび立ちっぱなし荒崎に戻ってくるツルもそこまで多くはない順調な北帰行。
今日は、雨掛山両線沿いや鉄塔越えは少数で、そちらを目指したツルは荒崎戻も多かった。

9:50くらいに飛んでたナベクロヅルっぽいの。
正直、クロヅルとナベクロヅルは飛んでいるのの識別難しい。
光加減でどうとでも見えそう。
今日の私の確認した北帰行は、
8:45~11:11
ナベヅル 2,170羽
ナベクロヅル 1羽

これから北帰行のために出水に集まってくるツルもいると思うので、
残り羽数は、微妙に増えそう。
あと何羽かなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

PM2.5

次の記事

光指せば