いろいろきてます

9時ごろには荒崎周辺にいて、ぜんぜん風も天気も見える範囲にいるツルたちも、北帰行はあんまりなさそうな気配と思い、10時半過ぎに北帰行が良く見えそうと思ってる場所から離脱。
小鳥を見に蕨島周りに行ったら、10:41高度高く蕨島にはおりなさそうなツルたちがやってきた。
風も強いのにと思ってても、ツルは蕨島上空で旋回してる。
荒崎や西干拓に戻るツルもいたけれど、野口港周辺まで行って旋回するツルが出始め、そのまま見えなくなっていった。
蕨島で見ていた分だけだけど、
マナヅル19羽
ナベヅル27羽
計 46羽
が北帰行したのではないか?と私は、考えています。
蕨島の北側から東干拓戻りになっている可能性もあるとはおもいますが。

蕨島で遊んでくれたホオジロハクセキレイ
亜種ハクセキレイとの違いがいまいちわからない。
額の大きさ?
シベリアにしては背が黒いよね。
いつか、メンガタを出水で見てみたい。

去年も来てた個体かなあ?
色が薄くて班が小さいチョウゲンボウ
こういう薄いメス個体を去年撮った方がいたので、メスにも出会ってみたいな。
お腹まで一緒に見えることがほぼない。
くるりとその場で回って見せてほしいけど、そんなことはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

飛び立ち