北帰行第1陣

朝は青空が広がっていて、風もほとんどない状態。
ただ午後から雨の予報で、長崎方面も天気は良くない状態。
飛ぶかな?どうするかな?とツル次第の北帰行待ち。

東干拓のマナヅルは、9:30頃いつもよりとても少なくなっている。荒崎に移動したか?
監視員さんも東干拓にいないことで、北帰行するかもねなど、お話しして荒崎へ。

雨掛山の斜面は、またどこかで野焼きをされているのか白い煙が出てる。
上昇気流は起きそう。

10:28 ナベヅル18羽が飛び出してきて、雨掛山を旋回し始めた。
後続が飛んできて、増えていく。
どこまで行くか、野口港方向が見える場所まで移動。
西干拓でずいぶん長い間旋回してる。
マナヅルもナベヅルも混群。これ、ちょっと数えるの難しい。
あきらめたツルは、そのまま蕨島西干拓→東干拓へ飛んで行くのも。
10:50 進み始めたマナヅルの群れは、野口港上空から東辺田寄りに消えていった。

本日の北帰行 ツル保護会調べ
10:40~11:00
マナヅル 81羽
ナベヅル 65羽
計 146羽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

 幻の北帰行2

次の記事

北帰行第2陣