ソデグロヅル飛来

東干拓でねぐらのツルを見ていたら、鶴見の方が、あれは何ですか?と上空飛んでいる鳥を尋ねられたので振り返ってみてみたら、ソデグロヅルでした。

太陽の位置から下付近で、こちらに降りてくるところから確認。
最初上空高いところではコウノトリか?と思ったけど、まさかまさかの2012以来9年ぶりのソデグロヅルでした。

ふわふわと何度か旋回しながら東干拓のねぐらに到着。
熱心に食べて、水を飲んで、羽繕いして。
夕方までちょっと疲れた様子でくちばしを背中委に突っ込んだりもしたけれど、すぐまた食べ始めていました。

それにしても、たった1羽で、ほかのマナヅルやナベヅルに交じっての渡来ではなかったことにびっくりしています。

最初から1羽でここを目指してきたのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

マナヅル初飛来

次の記事

カナダヅル渡来