出水にナベヅル1羽初飛来

14:10頃、荒崎でナベヅル1羽が飛来してるのを確認されました。
その後、ナベヅルは飛んで東干拓へ移動。
私は連絡を受けて、東干拓へ走ってきて居残り確認しようとしてたところ、
荒崎からナベヅル1羽が低空で鳴きながら飛んできました。
上からの声に、下の居残りのナベヅルとマナヅルの2羽が翼を広げてぱさぱさ
顔を上げて目を合わせるかのように下からも鳴きました。
上のツルと下のツルと呼応するように鳴合い、初飛来ナベヅル1羽降りてきました。
歩いて居残りに近づいてひとつのグループに。
目を一度離したので、もうどれが初渡来ナベなのかわからなくなる…

疲れたのか?みんな羽繕い。

初渡来ナベヅル。
珍しい羽色模様。

おなかの羽ちょっとおかしい。
福岡で見られていたナベヅルに似てるような気がします。
羽が抜けてる個体は珍しい。
一冬、元気に過ごしてほしいものです。

出水にナベヅル1羽初飛来” に対して3件のコメントがあります。

  1. ベジバード より:

    ご無沙汰しています、福岡のベジバードです。
    ツルシーズン到来ですね(^^♪

    福岡市西区に4月下旬から来ていたナベ2羽に、毎週のように会いに行っていました。
    つがいのようで、怪我した子に元気な子が気遣いながらいつも寄り添い、とても仲睦まじい様子でした。
    ところが今月7日、どこを探しても元気な子しか見当たらず、たまたまだったかも、と願う気持ちで9日に再度行きましたが、今度は元気な子も見当たらなくなって。
    怪我した子は、とても悲しいですがたぶん亡くなって、1羽になってしまった元気な子は、もしかして出水に向かったのかも、とずっと思っていました。
    日にちが少し経っていますが、休憩しながら向ったのかもしれません。
    掲載されてる写真、似てる気がします。
    ただ、お腹があんな風になっているのは気づきませんでしたが。

    5ヵ月間、ずっとわが子を見るように暖かく見守っていました。
    怪我した子が亡くなったのを受け入れたくはありませんが、元気な子が出水に無事に着いたとすれば、少しは気持が楽になります。
    今シーズンも、ハルモさんのブログを楽しみに見させていただきます(^^)

  2. halmo より:

    ベジバードさん、こんにちは。
    福岡での情報、ありがとうございます。
    出水に残っても、田植えが始まれば居場所がほとんどありません。
    田んぼの季節は、やはり農家さんから見て害鳥になってしまいます。
    福岡でも、季節的に稲刈り時の移動だったのではないでしょうか。
    よく消毒や季節折々の作業時をやり過ごせたなあと、
    いろんな方の情報を見ながら思っていました。
    田んぼの持ち主の方も、ツルをあまり悪く思わないでいてくれるといいなと思っています。

  3. ベジバード より:

    何度も失礼しますm(__)m
    もうご存じとは思いますが、今夜福岡のツル友さんから、怪我してた子の生存確認の連絡を頂きました!
    この10日程落ち込んでいましたので、もう天にも昇る思いです(^^)
    大変お騒がせいたしましたm(__)m
    季節柄ご自愛くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA