ソーシャルディスタンス

穏やかなねぐら
水を飲んだり羽繕いしたり

ざわざわと緊張した雰囲気が広がり、ツルたちがねぐらから歩いて移動し始めた

すると、中心には倒れたナベヅル幼鳥
直後は倒れたツルのその様子をうかがっていたけど、次々にツルはねぐらの水面から外に出ていく

どんどんねぐらから離れていくツルの群れ

残された倒れたナベヅル幼鳥
途中、ハシブトガラスが幼鳥の様子をうかがって背中に乗ったりも

何らかの危険があったとき、ツルはその場から静かに素早く退避していきます
ソーシャルディスタンス徹底している

その後、倒れてたツルは、ツル保護会の方に保護されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

-3℃

次の記事

幻の北帰行