あわただしく出発

9時くらいに荒崎着で、風速やら確認してアネハヅル確認してってスケジュールだったのだけど、9時前に東干拓につくと、もう下水処理場前で旋回してるマナヅルが10数羽いた。
焦りつつ、タイヤ消毒のポイントで消毒を済ませて荒崎へ。
東干拓で旋回していたマナヅルたちがもう雨掛山のほうまで来ていた。
そして、荒崎のマナヅルたちも飛んでいた。

そんなに慌てて帰らなくても…と思いつつ、
居心地よくないことが続いていたんだろうな。

ずっとパラパラ飛んで、雨掛山裾のを越えだったのだけど、
9:30頃より鉄塔越えまでコース
10時くらいからは、荒崎上空高いところまで旋回上昇して
鉄塔手前付近で越えたり、笠山方向に高高度で越えたりするツルも増えた。

10:40過ぎごろから、荒崎の保護区内にいたアネハヅルが落ち着きない行動!
飛びたそうな姿勢を何度もするが、あたりを見回してやめ、またうろうろ…
11時になったとたんに、飛んだ!
アネハヅル追いかけて場所移動。
200羽近くがまだ上空旋回していたと思うのだけど、それ以降雨掛山鉄塔付近高高度越えが見れない角度の場所で、北帰行を追跡断念。北帰行初めから10:10くらいの山越えは、マナヅルがほとんどで、それ以降ナベヅルが多くなった印象でした。

降りた先でも、もぞもぞして落ち着かない感じだったアネハヅル。
引っ付いてるナベヅルが場所移動したから一緒に移動して飛んだだろう。
飛んだ先ではあまりエサを探してる時間は少なく、引っ付いてるナベヅルにけんかを仕掛けてたり???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

日常